脇埋没毛の正しい処理と予防方法

脇にできる埋没毛の原因について

ご存知ですか?!埋没毛の原因96%以上は剃刀・毛抜きによる間違ったムダ毛処理・自己処理です!

そろそろ自己処理卒業しませんか?
100円で本格美容エステ脱毛が満足するまで通えます♪
※美容エステによる脱毛は直接皮膚に触れずに毛根組織に働きかけてムダ毛が生えてこないようにするため、肌荒れはおろか埋没毛や黒いポツポツが残るといったことはありません。
ご興味のある方はこちら

 

このサイトでは埋没毛のできる原因と自宅での治し方を解説しています!

もし今までにスクラブ洗顔料やピーリングを試してもダメだった人はこちらの商品情報が役に立ちます!
早く治したいという方も参考にしてみて下さい。≫≫埋もれ毛黒いポツポツを自宅で治すクリームNO1人気

 

脇にできる埋もれ毛(埋没毛)の原因は、毛穴が塞がる、または異物が邪魔をして正常に皮膚の外へ毛が出てこれない状態を作り出してしまうことです!
 毛穴の出口付近を傷つける原因は、剃刀によるシェービング(かさぶたや瘢痕組織※)や、毛抜きやピンセットで一緒に毛穴を引っ張ってしまったり、毛を抜くときに毛穴と出口が思わぬダメージを受けてしまう場合が最も多い原因といえます。

 

特に毛抜きで自己処理を続けていると、毛穴が飛び出して隆起し、物理的にも毛が出てくるまでの距離が長くなってしまい埋もれ毛になる確率を高めます。この状態は、見た目も非常に悪くぶつぶつが目立ち黒くてぶつぶつという最悪の状態を作り出してしまい、さらに悪化すると化膿して膿が溜まることもあります。

 

最近では高速で抜くタイプの家庭用脱毛器や、話題のブラジリアンワックスでも脇に限っては皮膚がデリケートなため、ダメージを受けてしまった結果として毛穴が角化し、毛穴が変形、隆起、そしてそこに古い角質が溜まりやすくなることで埋没毛と同様の状態を作り出す場合もあります。古い角質が溜まった毛穴はニキビもできやすくなります。

 

※瘢痕組織はダメージを受けた皮膚を修復するときにコラーゲンが集まってきて固まってしまう現象。ニキビ跡や手術痕は瘢痕組織の代表各です。

 

埋没毛ができたら一番最初にとるべき処置

埋もれ毛ができてしまったら、剃刀や毛抜きでのムダ毛処理を一切しないようにしてください!
 保湿、ピーリング、スクラブの使用は自己処理をやめて一旦皮膚が落ち着いてから行うという心づもりで、剃刀や毛抜きによるダメージを一切与えないということが大切です。
もし、埋没毛以外のムダ毛が伸びてきてみっともないという場合は、顔剃り用の電気シェーバーで皮膚を傷めないようにシェービングするようにしてください。

 

今は、なによりも埋没毛を治すことだけに集中するつもりで完全放置が望ましいと言えます!

 

埋没毛は放置すると必ず出てきますが、針でほじくって出したり、ピンセットや毛抜きで引っ張り出すと思わぬ肌トラブルになり、かえって埋没毛の治りを遅くします。

 

ムダ毛よりも皮膚の正常化に集中する

脇の皮膚の正常化ですが、剃刀や毛抜きによる自己処理をやめることで殆どの場合自然に治ります。
 しかし、この脇皮膚の正常化が上手く行かないケースもあります。

 

一番多いのは乾燥肌タイプです!
もともと汗腺が多い脇ですが、臭いや服の黄ばみを気にするあまり、汗を頻繁にふき取り、脇パッドを使用したり、さらには皮膚とのこすれ、服とのこすれにより乾燥を招くパターンがあります。

 

黒ずんでいるか、他の部位よりも脇だけくすんで見えるというのがこの乾燥脇の特徴です。

 

乾燥している場合は保湿に気を使うようにしてください、あくまで乾燥している場合だけ保湿が必要なだけで、埋没毛=保湿という考えは正しいとはいえません。
蒸れや雑菌の繁殖を促進させることにもつながりますので、乾燥タイプの場合だけ保湿にこだわるようにしてください。

 

あくまでも脇の皮膚(毛穴)の正常化が目的ですので、清潔&刺激0が大前提です。

 

変形(隆起)した毛穴や角質のつまりを正常にするのを早める方法!

ある程度放置していると、脇の皮膚自体が落ち着いてきます(一週間〜10日)。
 それでも毛穴が変形し古い角質が溜まって角化しているのが気になる場合は、ピーリングをすることもひとつの方法です。
ピーリングは古い角質をケミカルな成分で溶解しアカスリのようにポロポロと取り除いてくれます。

 

もちろんピーリングの多様は皮膚を傷めてしまいますので週一程度が望ましいのと、効能としてもそれぐらいの頻度で充分です!

 

ピーリングをすることで嘘のように埋もれ毛が治ると言うケースも少なくありません。

 

ピーリングと同様、スクラブでの角質除去もありますが、デリケートな脇の場合は充分に注意が必要です。軽くこする程度で試してみてください。
古い角質が取り除かれると、毛穴もスッキリし埋もれていた毛も出やすくなります。

 

埋もれ毛が出てきたら・二度と埋没毛にしない方法

脇の皮膚が正常に戻り、隆起やぶつぶつが目立たなくなると埋没毛は治ったも同然です。
 しかし、少し顔を出した毛を毛抜きで抜いたり剃刀で剃るというムダ毛処理を再開してはあっという間に元の埋もれ毛だらけに逆戻りしてしまいます。

 

かといって、電気シェーバーでのムダ毛処理は毛穴が目立つし、満足のできる無駄毛処理ができない!、、、、というのが本音ではないでしょうか、そこでお勧めなのが毛が生えてくる毛根自体を毛が生えてこなくする脱毛方法を始めてみてはいかがでしょうか!

 

両脇だけなら電気シェーバーを買うより安く通える脱毛サロンもあります。

 

脱毛サロンでの脱毛方法は、光から出る熱エネルギーを毛根(毛乳頭)に効率よく送ることで、毛が生えてくる毛再生組織を破壊します、破壊すると聞くとなんだか怖く感じますが、正確には熱変性(熱により性質を変える)を利用した安全な方法です。

 

熱変性とは、卵をゆでるとゆで卵になったり熱を伴う調理をすることで味が変わったりするような極々自然な物質の法則です。

 

現代の脱毛は肌を殆ど痛めないように、毛根だけ作用させるという高度な技術が発達しています!痛みも殆どありませんし、効果の持続も自己処理がほぼ不要になると評判です。

 

エステでの脱毛をすることで埋没毛が全く無くなり、肌も綺麗になったと言う口コミも多数あります。

 

脱毛サロン、特にミュゼは全国どこにでもあります!
 家庭用脱毛気で光脱毛が出来るものもありますが、5万円以上しますし、脱毛サロンに少々遠くても通ったほうが安くて綺麗な仕上がりです!また、通うといっても1〜2ヶ月に一回いくだけです。

 

 

 

 

 

 

更新履歴