自己無駄毛処理の2大肌トラブル!埋没毛&黒ずみ

自己流ムダ毛処理は埋没毛と黒ずみを起こす危険がいっぱい

まだまだ無駄毛処理を自己流で行っている方が多いようです。
 脇やビキニラインのムダ毛処理は毛穴まで目立たなくしようとするあまり、剃刀でしっかりシェービング、毛抜きで根こそぎ抜く、といった自己流ムダ毛処理が多いようです。

 

これらのムダ毛処理方法は昔から一般的で、最もオーソドックスなムダ毛処理方法ですが、この剃刀&毛抜きによるムダ毛処理こそ埋もれ毛・黒ずみを作り出す最も大きな原因といえます。

 

剃刀は想像以上に肌を痛める!

シェービングクリームを使い、極々軽い力で剃っていると思っても、皮膚は完全に傷ついています!

 

特に毛穴付近は同時に角質が削られ、本来一定の周期で皮膚が生まれ変わるターンオーバーを狂わせます。

 

 また、剃刀で引っかかる刺激は皮膚の防御反応でその部分を硬くし、毛穴を角化させてさらにそこに古い角質が溜まりやすくなります!

 

これらの刺激は免疫物質でもあるメラニンを過剰に分泌し、黒ずみ・くすみの最大の原因になります。

 

剃刀でのムダ毛処理は毛の太い部分が常に肌表面にとどまりますので見た目も綺麗ではありませんし、毛穴がトラブルを起こすとニキビだけでなく埋没毛も招いてしまいます。

毛抜きでのムダ毛処理なら、、、?

 

毛抜きで毛を抜くと、一見ムダ毛だけ引っ張られるため皮膚には安全と思いがちですが、実は毛穴も同時に引っ張られ、抜き続けていると毛穴が硬くなります。

 

これも皮膚の防御機能の一つで隆起して硬くなるのはコレが原因です。

 

こうなると、物理的に毛が出てくるまでの距離が長くなり、硬くなった毛穴の出口が塞がったり異物が溜まると埋もれ毛になりやすくなります。毛抜きでの処理では慣れてくると痛みもあまり感じなくなり、少し心地いい刺激にもなりますが、毛を無理やり抜くという刺激は皮膚・毛根を痛め少しの雑菌で化膿してしまったり、赤みや黒い色素沈着をも引き起こしてしまいます。

 

黒ずみになる確率も剃刀と同じかそれ以上です。

 

ムダ毛の正しい自己処理とは

自分で無駄毛処理をする場合は、電気シェーバーか除毛剤をお勧めしていますが、電気シェーバーでは満足のいく仕上がりは難しいですし、除毛クリームでは肌を別の意味で痛める可能性もあります。

 

何より面倒ですし、コストも除毛クリームって割高です。
 肌を痛めない成分の除毛剤もありますが、毛を溶解する成分ですから肌にいいわけではありません。

 

今の時代はなによりも脱毛サロンの脱毛がお勧めです!



結局、時間や手間を考え、仕上がりを考慮すれば一番安価でムダ毛処理ができる選択肢になりました!